ハンディクレープメーカーが話題!特徴と口コミについて

調理家電

今も昔も人気のあるのが「クレープ」ですよね。

だいたいはお店で買って食べると思いますが、家で作るのは難しいですよね。

そんなクレープが簡単に家で作ることができるものとして「ハンディクレープメーカー」というものがあります。

クレープが簡単に作れるのはなかなかすごいですよね。

このハンディクレープメーカーの特徴や使い方について紹介します。

ハンディクレープメーカーの特徴と使い方

このハンディクレープメーカーですが、使い方が少し変わっています。

ハンディクレープメーカーは、浅めの容器と直径20cmぐらいの円形の黒い器具がセットになっています。

普通のクレープは、丸い鉄板の上に生地を流し込んで薄く伸ばして作ります。
ハンディクレープメーカーでは、薄い容器の中に生地を入れておき、そこに専用の器具を浸してクレープを作ります。

クレープを作るときに薄く伸ばすのが難しいのですが、ハンディクレープメーカーは器具を浸すだけなので失敗しません。

生地を入れた容器に器具を20秒ぐらい浸して、それを取り出すと、器具の側に薄く生地がついている状態になりますので、それをクレープとして使います。

ハンディクレープメーカーでは、クレープだけでなく、ミルクレープやガレットも作ることができます。

ハンディクレープメーカーの口コミ

フライパンで焼くとどうしても一枚が分厚くなってしまいますが、これなら薄く焼けます。
とても簡単で短時間に出来ますので、良い買い物をしたと思います。

カンタンにクレープ作りたい放題です。小さな子供でも作れますよ。

子供と一緒に楽しみながら、簡単にお店のようなクレープができます。

タイトルとURLをコピーしました