ドウシシャ焼き芋メーカーで作れるレシピは?口コミも調査!

調理家電

冬になると「焼き芋」が美味しいですよね。
焼き芋は車で販売しているのも美味しいですが、最近ではスーパーで焼いて販売しているところもあります。

そんな焼き芋ですが、家ではなかなか作れないのですが、
家でも焼き芋が作れる家電の「焼き芋メーカー」というものが販売されています。

ここでは、この焼き芋メーカーで作れるレシピと口コミについて紹介します。

ドウシシャ 焼き芋メーカーの特徴と使い方

この焼き芋メーカーは、中に鉄製のプレートが入っていて、それにフタをする形の家電です。

焼き芋を作る場合は、洗って水分を拭いたさつまいもを入れて、
スイッチを入れて40分ほど待つだけで焼き芋が完成します。

アルミホイルで包んだり、ひっくり返したりする必要はありません。

ただ、焼き芋メーカーって焼き芋しか作れないの?と思うかもしれませんが、
中のプレートを入れ替えるといろいろなメニューが作れます。

平面プレートを使うとホットサンドが作れますし、
他にも「焼きおにぎり」「たい焼き」「ドーナツ」用のプレートもあります。

焼き芋以外でもいろいろ使えるようになっています。

ドウシシャ 焼き芋メーカーの口コミ

良い口コミ

焼き芋メーカーに入れて放置するだけで、焦げる事なく皮がパリッとした焼き芋を作ることが出来ました。

ホットサンドは焼き面がパリッパリで中はふんわりしていて、お店で食べるものより美味しい。

しっとりと甘い焼き芋ができました。

「時間をかけてじっくり包み込むように焼き上げる」レシピには最適な家電ですね。

悪い口コミ

タイマーがついていないので不便

電源コードが短いので置き場所にこまる

芋のサイズをプレートに合うように選ぶ必要がある

まとめ

焼き芋の完成度としては、おおむね好評のようですね。
焼き芋が好きな人にはおすすめできるようです。

焼き芋メーカーには種類がいくつかあるのですが、中にはタイマーがないものがあったりしますし、焼き芋用のプレートは形が決まっているので、ちゃんと入るものにする必要があるという欠点もあるようです。

ただ、出来上がった焼き芋は美味しいようなので、気になっている人は試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました